Outlook Expressを起動し「ツール」メニューの「アカウント」を選択します。


追加ボタンをクリックしメールを選択します。


表示名にあなたのお名前を入力して次へをクリックします。

インターネット接続ウィザード

名前

電子メールを送信する時に、名前が[差出人]のフィールドに表示されます。表示したい名前を入力してください。


電子メールアドレスを入力して次へをクリックしますます。

インターネット接続ウィザード

電子メールアドレス

電子メールのアドレスは、ほかのユーザーがあなたに電子メールを送信するために使います。このアドレスは、インターネットサービスプロバイダによって割り当てられています。


受信メールサーバーの種類はPOP3を選択します。
受信メールサーバ、送信メールサーバにはmx.inh.co.jpを入力します。
次へをクリックします。

インターネット接続ウィザード

電子メールサーバー名


次のアカウントとパスワードでログオンするをチェックします。
POPアカウントにIDを、パスワードにパスワードをそれぞれ入力します。
次へをクリックします。

インターネット接続ウィザード

インターネットメールログオン

電子メールアカウントをアクセスする時に、インターネットサービスプロバイダがセキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)を必要としている場合は[セキュリティで保護されたますワード認証(SPA)を使用する]をオンにしてください。SPAログオンを使用しない場合は[次のアカウントとパスワードでログオンする]をクリックしてから、アカウント名とパスワードを入力してください。


設定に名前を付けて次へをクリックします。

インターネット接続ウィザード

メールアカウント名

インターネットメールアカウントの情報はまとめられ、名前が付いています。この名前は好きな名前を付けることが出来ます。

電子メールアカウントの名前を入力してください。


電話回線を使って接続するにチェックします。
次へをクリックします。

インターネット接続ウィザード

接続の種類の選択

インターネットサービスプロバイダからアカウントを取得し、すべての必要な接続情報がすでにある場合は、電話回線を使ってアカウントに接続できます。インターネットに接続されているローカルエリアネットワーク(LAN)藺接続している場合は、LAN上でインターネットにアクセスできます。

インターネットに接続する方法を選んでください。


完了をクリックして設定完了です。

インターネット接続ウィザード

設定完了

設定を完了するのに必要な情報がすべて入力されました。

これらの設定を保存するには、[完了]をクリックしてください。