Telnetを用いてインターネット浜松のホストに接続し、主にファイルの操作やパスワードの変更を行うことができます。

入手先
Windows95をお使いの方は添付されている「telnet.exe」で使用できます。「スタートメニュー」の「検索」で上記の名前で探して見てください。

Macintoshをお使いの方は雑誌のCD-ROM等より入手してください。

FTPの使用方法がわからない場合はまずこちらをご覧ください。

 
接続(ログイン)の方法
インターネット浜松に接続したあと、Telnetソフトを起動します。Telnetソフトの「ホスト名」にwww.inh.co.jpを入力して接続してください。

「login:」でIDを入力してください。
「password:」で現在のパスワードを入力。(文字は表示されません。)

ID・パスワードが確認されれば数行の文字と「ns:{1}」のプロンプトが出ます。
これでインターネット浜松のホスト www.inh.co.jp に接続(ログイン)完了です。
画面はこんな感じです。

NetAlive (tm) Server (www.inh.co.jp)(ttyp0)

login:(あなたのIDを入力)

Password:(パスワードを入力)

Last login: Fri Jun 21 12:37:26 on ttyv0 Copyright (c) 1980, 1983, 1986, 1988, 1990, 1991, 1993, 1994 The Regents of the University of California. All rights reserved.

 

ns:{1}

パスワードの変更方法
passwd」と入力して改行してください。「OldPassword:」と表示されて止まりますので、現在使用しているパスワードを入力してください。(画面には表示されません。)

次に「NewPassword:」と表示されて止まりますので、新しいパスワード(自分が変更したいパスワード)を入力してください。
パスワードは8文字以内で、特殊文字以外の英字の大文字・小文字と数字の組み合わせをお使いください。

さらに「RetypeNewPassword:」と表示されて止まりますので、直前に入力した新しいパスワードをもう一度入力してください。

「rebuilding the database...」と表示されれば完了です。

変更画面はこんな感じです。

ns: {1} passwd


Changing local password for ****.


Old password:(現在のパスワードを入力)
New password:(新しいパスワードを入力)
Retype new password:(確認のためもう一度入力)


passwd:rebuilding the database...

passwd:done

ns: {2}

パスワードを変更したときは接続の設定だけでなく、パスワードを使用するアプリケーション(メール・FTPソフトなど)も新しいパスワードに設定し直してください。