UNIX基本コマンド集

lsls {オプション} [ディレクトリ/ファイル名]
ディレクトリやファイルの情報を表示します。

オプションコメント
-aすべてのリストを表示
-lステータス情報の表示

 
morecat ファイル名
ファイルの内容をディスプレイに表示します。
 
catmore ファイル名
ファイルの内容をディスプレイに表示します。長いファイルの場合便利です。

処理中のキー操作コメント
スペースキー1画面スクロール表示
リターンキー1行分表示
q キー途中終了

 
pwdpwd
現在いるディレクトリを表示します。
 
cdcd [ディレクトリ名]
指定ディレクトリに移動します。

オプションコメント
cd ..すぐ上のディレクトリに移動
cd /ルート(トップ)ディレクトリに移動
cd自分のディレクトリに移動

 
mkdirmkdir 新規作成ディレクトリ名
新しくディレクトリを作成します。
 
rmdirrmdir 削除するディレクトリ名
そのディレクトリが空の場合、そのディレクトリを削除します。
 
cpcp コピー元ファイル名 コピー先ファイル名
ファイルをコピーします。
 
mvmv 移動元ファイル名 移動先ファイル名
ファイルの移動、または、ファイル名の変更ができます。
 
chmodchmod 保護モード指定 ディレクトリ/ファイル名
ディレクトリや、ファイルの保護モードを変更します。
現在の保護モードは、ls -lコマンドによって確認できます。
例えば
ns: {5} ls -l
total 21

-rwxrwxrwx 1 yourID dialer 469 Oct 17 1995 yourID.txt

 

の場合、保護モードは、
ファイルの型ugo
-rwxrwxrwx
-:ファイル
d:ディレクトリ
自分に対して有効インターネット浜松の会員さん
に対して有効
全てのユーザに対して有効
のように4つに区別されます。そして、各モードの意味は、

モードコメント
r読み込み可能
w書き込み可能
x実行可能
-実行不可

yourID.txtを全てのユーザに対して書き込みを許可する場合は、
chmod o+w yourID.txtです。

yourID.txtを会員さんに対して実行不可とする場合
chmod g-x yourID.txtとタイプしリターンします。